東京は言わずと知れた日本の首都。
東京都だけでも人口は1,340万人。
しかも仕事や通勤のために埼玉県や千葉県、神奈川県など近隣のエリアから毎日多くの方が都内へと流れ込んでいます。

人口の多い場所には一大歓楽街もあり、キャバクラの数では日本トップクラス。
キャバクラでバイトするならやっぱり人口の多い首都圏が狙い目なのです。

首都圏には歓楽街が多い


昼間に通勤や通学で多くの人が集まる東京都。
人が集まる場所には自然に歓楽街が出来ます。
首都圏で言えば新宿や六本木、銀座、池袋、渋谷にキャバクラが多く、これらエリアを狙うとキャバ嬢として活躍できる可能性もアップ!

キャバクラの数もかなり多いので、女の子が働きたいお店を選べるのが最大のメリット。
お店が少ないとどうしても働く場所を選べないので、条件の悪いキャバ店でイヤイヤ働かなければなりません。

けれどキャバ店の多い東京なら条件の良いお店を見つける事も出来ますし、店舗も多いので気軽に勤務先を変える事も出来ます。
「キャバクラで頑張ってバリバリ稼ぐのが夢!」な女の子は首都圏で働くのがベストなのです。

キャバクラはエリアごとに特徴がある


首都圏のキャバクラは全国一律のコンビニとは違うので、どのお店も同じような間取り、同じような内装というわけではありません。
各店舗個性や特徴を前面に押し出して魅力をアピールしています
各店舗による客層の差もありますが、東京の場合はキャバクラがどのエリアにあるかでも違いがありますよ。

銀座は高級キャバクラが多く客層も弁護士や政治家、会社経営者、サラリーマンなど社会的に地位のある方、中高年が多くなっています。
逆に歌舞伎町は20~30代の若いサラリーマンや若い会社経営者など年齢層が銀座よりも低めになっています。

もちろんお店により各層にも差がありますが、キャバクラも地域ごとの特色があると覚えておくと良いですね。

キャバ嬢になるとコミュニケーション能力が磨かれる


キャバ嬢になって活躍している方の意見を聞くと「人と話しをするのが苦手だったけど、この仕事に就いて「コミュニケーション能力が磨かれた」「気配り出来るようになった」と言う方が一定数います。
キャバ嬢は接客業と言うよりも営業の仕事に近く「自分のファン」を一人でも増やす、つまり自分を売り込むのが主な仕事です。

「この女の子と居ると本当に楽しい」と思えるように、灰皿をマメに取り換える、グラスに付いた水滴をこまめに拭き取る、顧客がトイレに行った後はおしぼりを渡すなどきめ細かい気配りは必須ですし、一緒にいて退屈しないように話題も提供しなければなりません。

そのためネットニュースを細かくチェックし、今流行っている事、経済、スポーツ、文化など幅広い話題を仕入れて提供しなければなりません
自分を売り込むためにどんな努力が必要なのか、顧客に好かれるにはどんな事をすればいいのか、それが分かるとキャバクラ以外の仕事をしても上手くいきます。

そのためにはキャバクラ店の多い首都圏の店舗で働くのが、一番良いと言う事になりますよね。

  キャバクラの求人の探し方とは?