1. ホーム
  2. 地域別キャバクラの特徴

六本木にあるキャバクラは有名人がやって来る事が多く、マスコミや出版業界との人脈を作ろうと思えばかなり狙い目のエリア。
煌びやかなイメージで現役モデルが実際に勤務しているキャバクラもあり、女の子のレベルがかなり高いのも特徴です。

高級感あふれる六本木エリアのキャバクラ


六本木のキャバクラは芸能人やスポーツ選手、有名人、会社重役など社会的ステータスの高い方が集まるのが大きな特徴です。
実際にモデルの女の子がキャバクラ店に勤務しているお店もありますし、モデルや芸能人ではなくても、ルックスが抜群に良い女の子も多数在籍しています。

有名人が頻繁に来店するお店では、女の子の質を維持しなければなりません。
そのためお店によっては、ルックス重視の採用を行っています。ただ競争率の高い六本木のキャバクラで働けば高い時給が期待出来るので、モデルや芸能人並みの容姿をもつ女の子は六本木のキャバクラを選ぶと満足出来る可能性アップです。

また六本木のキャバクラは芸能人など有名人が頻繁に利用するため、安っぽい内装ではとても通用しません。
特に有名店では、お店の信頼感や格式、ゴージャスさを重視しています。
有名店は豪華な革張りのソファーやシャンデリア、非日常的な煌びやかさ、華やかさを追及したお店が多く、高級感があるのも六本木キャバクラの特徴です。

六本木キャバクラの客層は?


六本木は華やかで明るいイメージがあり、それが大きな魅力になっています。
キャバクラに集まってくるのは芸能人、スポーツ選手など有名人だけではなく、IT系の会社社長や重役、証券・金融関連の会社員など社会的地位のある顧客が多いのが特徴です。

元々経済的に困っている方々ではないので(むしろ経済的にゆとりがあるため)、気に入ってもらえるとそれなりの恩恵もあります。
太客がつくと安定して稼げるのは魅力ですが、レベルの高い顧客が多いのでやはりそれなりの努力も必要です。

六本木キャバクラの時給はいくら?


有名人や会社の社長・重役が訪れる六本木のキャバクラですが、実際に働くとどれくらいの時給が見込めるのでしょうか?
平均的な時給は約6,000円~8,000円前後となり、他のエリアに比べてもかなり高くなっています。

入店祝い金が5~10万円支給されるお店もありますし、各種バックがつくとかなりのお金を稼ぐ事が出来ます。
キャバ嬢として本格的に稼ぎたい方は六本木のキャバクラはかなり狙い目ですよ。

キャバクラ発祥の地は新宿だ、という声も聞かれますが、実は池袋なのです。
池袋東口にあった「ニュー華紋(かもん)」というお店がキャバクラ第1号。
その後新宿・歌舞伎町にある「クラブ・キャッツ」の方がインパクトのあるキャッチフレーズで一躍有名になり、新宿がキャバクラ発祥の地と言われるようになったのです。

そんなキャバクラの生まれ故郷・池袋。
一体どんな特徴があるのでしょうか?

池袋のキャバクラはカジュアルなお店が多い


池袋のキャバクラ店は銀座のような高級店はかなり少なく、カジュアルにふらりと遊べる気楽さが特徴です。
中には銀座にあるお店が池袋に姉妹店を新規出店、というケースもありますが、このパターンではやはり高級店路線を維持した接客や店内の雰囲気を前面に押し出しています。

銀座からの新規出店は別として、池袋は気軽に入れるお店が多いですね。
中には若い女の子ばかりを集めた制服キャバクラやショーを売りにしたお店もあり、個性豊かです。
駅から近いお店もあるので、勤務しやすいのも特徴ですね。
ショーを売りにしているキャバクラは、ショーのレベルがかなり高いので「我こそは」と思うキャバ嬢は池袋のショーキャバクラで仕事をするという選択もあります

条件の良いお店が多い池袋


池袋のキャバクラ店、その募集要項を見ると他のエリアよりも好条件のお店が多くなっています
例えば報酬の中から引かれる経費(へアメイク代やレンタル衣装代)がゼロ円のお店もありますし、送迎を無料で行うお店もあります。

時給が高くても報酬から差し引かれる経費が高いと結局手元にお金が残らないため、必要経費が引かれないのは嬉しい点です。
またお店によっては先輩キャバ嬢が丁寧に指導してくれるキャバ店もあるので、初心者で仕事に慣れるかどうかが心配な方は最初に丁寧に指導してくれるお店を選ぶ方が無難です。

お店のルールやノルマが比較的緩いお店もあるので、初心者のうちは成績よりも仕事に慣れることに重点を置きましょう。

池袋のキャバクラの客層は?


池袋のキャバクラは、カジュアルに楽しめるお店が多くなっています。
お店のセット料金も安めに設定されているので、比較的年齢層の若い男性がメイン。
20~30代の男性が多いと考えればいいですね。
→池袋の店舗一覧:https://luline.jp/shop_list/area/11/

池袋のキャバ嬢も顧客同様比較的若い方が多いので、お店は賑やかで明るい雰囲気です
もちろん年齢層の高いキャバクラもあるので、自分に合った雰囲気のお店を探すのがベストですよ。

新宿、特に歌舞伎町は日本でも有数の歓楽街。
非常にたくさんのお店があり、キャバクラの数もかなりのものです。
新宿のキャバクラで働きたいなら、やはり日本最大の歓楽街でお店を探すのが一番です。

このページでは新宿のキャバクラについてまとめていますので、是非参考にしてください。

新宿のキャバクラはキャバ嬢のレベルが高い


日本でトップクラスの歓楽街・歌舞伎町のある新宿には多くのキャバクラ店がひしめいています。
キャバクラ店の規模も100名以上の顧客が入れるほどの大箱から、少人数で楽しめる小箱まで様々。
大規模なお店になるとキャバ嬢の数も多く、ヘアメイク専門の美容師も待機しています。

狭いエリアに多くのお店があるので、顧客が好きなお店を選べるのも新宿の魅力。
フリー客も毎日たくさんやってくるので、売れっ子キャバ嬢になりたい女の子は顧客の多い新宿のキャバクラが狙い目です。

このエリアは地方の売れっ子キャバ嬢が東京で一旗揚げるために仕事をしているケースもあり、女の子のレベルが高いのが特徴です。
超売れっ子キャバ嬢・愛沢えみりさんも歌舞伎町のキャバクラに勤務していますね。
強力なライバルがたくさんいると思ってください。

ただ新宿はお店も多いので、キャバ嬢デビューするには最適
未経験者でも働けるお店も多いため、ベテラン(先輩)キャバ嬢のマナーや話術、接待術を直に観察しながら勉強出来るのが強みです。

条件の良いキャバ店が多いのも新宿の魅力


実際に新宿のキャバ店、その勤務条件を見てみるとかなり優遇されています。
全てのお店がそうであるわけではないのですが、入店お祝い金が5~10万円もらえたり、寮完備、託児所費用負担OKなど働きやすいお店もあります。

体験入店でも時給4,000円を保証してくれるお店、全額日払いが可能なお店、ノルマやペナルティの緩いお店などもあるので、良く選んで面接、体験入店させてもらいましょう。
お店が多いので一か所で上手くいかなくても、二か所目、三か所目で採用され勤務出来る可能性もあります

新宿のキャバクラ、その客層は?


日本でも有名な歓楽街・歌舞伎町には関東圏の方だけではなく、観光客も多数訪れます。
「地方から遊びに来ました」「外国から日本観光のため」という顧客も多いため、観光客で大賑わいのお店もあります。

最近は外国から来る観光客も多いので、英語や韓国語、中国語など語学の堪能なキャバ嬢は有利ですね。
歌舞伎町の客層は、全体的に若い方が多く20~30代の男性が多い傾向にあります。

もちろん中高年の方が楽しく飲めるお店もありますので、体験入店時にお店の客層をしっかりチェックしましょう。

銀座と聞くと「高級クラブ」や「高級料亭」など高級店なイメージが湧いてきますが、それもそのはず。
銀座にはテーブル席に座っただけで5万円のセット料金を支払う高級クラブもあり、格式が高く気軽に入店できない(一見さんお断わり)お店があるのも特徴です。

キャバクラも高級感を前面に打ち出したお店もありますし、普通のサラリーマンが気軽に立ち寄れる料金設定の店舗もあり二極分化しています。
銀座のキャバクラで働くには、一体どんな点に注意しなければならないのでしょうか?

ハイレベルなキャバ嬢が求められる銀座


銀座のキャバクラは、ガングロ金髪のいわゆるギャルでは通用しません。
お店の客層は高めなので、タメ口のキャストは嫌がられます。
銀座のキャバクラで働きたいのであれば、大人しい印象で教養や品があり、接客マナーや一般常識をわきまえた女性であれば有利です。

キャピキャピした学生よりも、社会人経験のある20~30代女性の方が好まれます。
銀座のキャバクラにやって来る客層は年齢が高めな上に、職業も会社役員や弁護士、政治家、公認会計士、会社経営者、政治家など、社会的なステータスのある方が多いため、最低限の接客マナーは身につけなければなりません。

大事な顧客を怒らせたり不愉快な気分にさせるようでは、銀座ではやっていけないのです。

外見重視の銀座キャバクラ


銀座にあるキャバクラは、社会的な地位の高い顧客が多くハイレベルな接遇マナーや話術が必要です。
顧客は高いお金を支払ってお酒を飲みにくるのですから、人並みの容姿ではお店側も簡単に採用しません。

できるだけモデルのような長身の美女、または清楚な和風美人など人目を惹くような容姿の美女であれば有利に入店できます
特にルックスの良いキャバ嬢は、それだけで高い時給が保証されるケースもあります。

もしモデル並みの容姿で話題も多く、社会的な地位の高い男性と出会いたいと考えているなら迷わず銀座のキャバクラを選びましょう。
他のエリアで働くよりも時給が高くなる可能性もあります

銀座だからどのキャバクラ店もハイレベルは間違い


「銀座」と言う言葉がもつイメージはとても良いものですが、だからと言って銀座にあるキャバクラが全て高級店で高い時給が約束されているわけではありません。
銀座にあるキャバクラの中には、庶民的で一般のサラリーマンでも入れるお店もあります

もし銀座のキャバクラ店で働きたいのなら、庶民派のお店を選ぶのも良いかもしれません。
ただ、周囲には超高級店が建ち並びそれらのお店には固定客(熱心なファン)がついています。
そのようなお店と戦うには、キャバ嬢にもそれなりの苦労があるはず。

「銀座のキャバクラだから」という思い込みでお店選びをすると、後悔するかもしれません
入店するなら事前にお店の評判や口コミなどをチェックしましょう。

渋谷は若者の街。
実際に渋谷に行ってみると、駅前には若い人が本当に多いですし、夜中に渋谷駅前のスタバに行くと若い方が圧倒的に多いです。

渋谷にあるキャバクラも客層は若い男性がメインで、中高年はかなり少なめ。
そんな渋谷のキャバクラについてまとめています。

渋谷のキャバクラはノリが軽い


渋谷は若者の街と言う事で、キャバクラにやってくる客層は20~30代の男性客がメイン。
若い方が多いので、高級キャバクラは敷居が高い事と予算がかかる事であまり流行りません。
どちらかと言うとカジュアルで気軽に入れるお店が多くなっています。

渋谷のキャバクラの特徴としてはギャル系の女の子が多いとも言われていますが、お店によって差はあります。
金髪ガングロの女の子よりも、最近は大人しめのキャバ嬢の方が増えてきているようです。

ただし全体的なノリは軽めでプロ意識に徹したキャバ嬢が隙のない接客をすると言うよりは、楽しく軽く盛り上がる店舗が多めです。
客層も若い男性が中心なので、お酒を飲んで盛り上がる、ゲームをするなど「皆で盛り上がろう」的ノリで気楽に楽しめるのが特徴です。

ノルマやペナルティーが厳しくない渋谷のキャバクラ


若い20~30代の男性客がメインの渋谷のキャバクラは顧客が疑似恋愛をするために熱心に店舗に通うよりも、安い費用でお酒が飲めてぱーっと騒げる事を目的にしているケースが多め
だから熱心に営業をかけても効果が薄い事も。

そのため渋谷のキャバクラは、顧客に熱心にメールやLINEで営業をかける事が少なくノルマやペナルティもあまり厳しくない傾向にあります。
気軽に接客して時給を稼ぎたい女の子にとって渋谷は狙い目ですが、逆にバリバリ営業してお金を稼ぎたい女の子は渋谷以外のキャバクラ店を狙った方が良いと言う事になります。

若い男性客の注意点


渋谷にあるキャバクラは客層が若く、お店全体に活気があります。
勢いがあり楽しいのは良いのですが、若い男性ならではの問題点もあるので要注意です。

若い男性は中高年よりもトラブルを起こす確率が高くなります。
お酒が入ると急に酒癖が悪くなり、キャバ嬢に「一気!一気!」と無理にお酒を飲ませる、他の客と口喧嘩になる(そのうち本当の喧嘩になる)、泥酔する、キャバ嬢に悪戯する、飲み代をツケにしようとするなど困った行動を取る可能性も。

ノリが良く楽しい若者は、その若さゆえにトンデモナイ行動をするケースもあるので、深入りしない方が無難かもしれません。

  • 1